転職を志す前に!心構えと自己分析が重要

転職を志す前に!心構えと自己分析が重要

看護師に限らず転職する理由はさまざまです。転職するときの心構えとして自身の市場価値と保有しているスキル(資格・ビジネス力・業務推進力など)を正確に自己分析できている必要があります。いつの時代も看護師に限らず、必要とされる人はどこでも重宝され必要とされます。ここでは、自身の価値と必要とされる人材についてご紹介します。

転職するときの自己分析方法

転職するときの自己分析方法は下記のとおりです。

  • 何に強みを持っているか(特殊な技術、ビジネススキル、人脈など)洗い出す
  • 過去の仕事や携わってきたプロジェクトを整理する
  • 自身がどのような仕事だとやる気を見いだせるか理解する
  • 転職する業界でどのようなスキルが必要か学ぶ

看護師に限らず上記のような分析をすると良いと思います。特に看護師は職場により必要とされるスキルが異なります。大学病院、透析室、手術室、一般病院、訪問介護、老人ホーム、精神科病院などの職場があります。例えば、精神科病院はゆっくりと時間が流れるので一人ひとりの患者と寄り添い向き合う看護スキルが必要とされます。透析室などは長期間、医療行為を受けている高齢患者が多いので、専門的な医療技術やコミュニケーションスキルが求められます。大学病院は、最新の医療技術を学べる環境にありますが大学生の指導や煩雑な業務も多く、一人ひとりの患者と向き合うことが難しい傾向にあります。急性期病院は、勤務時間も不規則で緊急性が求められる職場なので、肉体的にも精神的にもタフでないと業務遂行が難しくなります。

まとめ

間違った転職をすると仕事もプライベートも充実しなくなってしまいます。自身のスキルと市場価値、どのような仕事が向いているかを分析してあなたに合った理想の職場を見つけることをおすすめします。特に看護師は通常の会社のように転勤が発生する機会がやや少ない傾向にあります。そのため、職場の人間関係に悩みを持ち転職する看護師も少なくありません。他の職種にも同じことが言えますが、実際の職場環境や雰囲気を把握しておくことは重要です。
転職に不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録してキャリアパートナーに相談することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加