外来・看護外来に勤める看護師の転職理由とは

外来・看護外来に勤める看護師の転職理由とは

外来で勤務する看護師が退職して心機一転、新たな職場で勤務したいと思う一般的な転職理由についてご紹介します。
外来は一般病棟と異なり夜勤がありません。女性特有のライフステージの変化、結婚、出産。そして育児と仕事を両立しながら時短勤務で勤務したい看護師に人気があります。外来には一般的な大規模総合病院と大手クリニック、中小クリニックでも仕事内容が異なります。ここではクリニックと病院、両方の視点から外来の転職理由をご紹介します。

看護外来と外来の違いとは

看護外来とは、特定分野の専門的な知識や医療技術を保有した看護師(専門看護師、認定看護師)が、患者や家族からの療養生活の相談を受けるための外来です。医師や薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーと連携を取りながら、患者のQOL向上のサポートを目的としています。看護外来には、ストーマケア・スキンケア・糖尿病看護・糖尿病フットケア・感染相談・がん看護など多岐にわたります。高度な専門知識を保有していないといけません。一般的に外来の看護師と呼ばれる方は、総合病院の受付や医療知識に基づいた事務サポートなどが該当します。

外来で勤務する看護師の転職理由

外来で勤務する看護師の一般的な転職理由として、

  • 外来利用のお客様から対応不備などのクレームを直接受けてしまう
  • 医療知識に基づいた事務作業が多くマンネリ化してしまう
  • しっかり患者と向き合うより事務的な業務が多く、満足感が得られない
  • 一般病棟で患者と寄り添い向き合うことがしたくなった
  • 看護師仲間との人間関係に悩まされる
  • 現場の看護スキルが身につかない

外来は看護師と言えども、どちらかと言うと通常の総合職に近い業務も多数あります。外来患者からのクレームを受ける窓口とになるため、新卒で外来を配属された看護師は対応に戸惑い精神的に疲弊してしまうケースもあります。(新卒で外来というのはあまり多くありません。)また、外来は限られた時間で多くの患者を相手にするため、常に時間に追われます。事務処理が片付かず昼休憩が短くなってしまうことも発生します。一般病棟に比べると患者の援助行為が少ないため肉体的にハードということは少ないですが、常に忙しいです。

外来に適した看護師

外来に適した看護師は、下記の通りとなっています。

  • 育児を機に時短勤務を希望したい
  • 医療技術を活かして患者のQOL向上のサポートをしたい
  • 結婚して夜は家族の時間にしたい。

まとめ | 外来の転職

外来へ転職を志す看護師は、夜勤がないため女性特有のライフステージの変化、結婚・出産。さらに出産後、子どもが小学校に上がるまでの育児期間に時短勤務で看護師の仕事を続けたい方に向いていると思います。
外来への転職に不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録してキャリアパートナーに相談することをおすすめします。特に外来は職場の人間関係などは把握しておくに越したことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加