訪問看護に勤める看護師の転職理由とは

訪問看護に勤める看護師の転職理由とは

訪問看護ステーションで勤務する看護師が仕事を辞めて心機一転、新たな職場で勤務したいと思う一般的な転職理由についてご紹介します。日本の高齢化と国家的な財政難に伴い医療費削減が加速化し病院の病床数が減っている一方で、自宅に訪問し看護や介護を行う地域に根ざした医療サポートを希望する方は増えていき、ニーズも高まる傾向にあります。

訪問看護とは

訪問看護とは訪問看護ステーションから看護師が自宅に伺い看護や介護を行うことを指します。その人らしくイキイキとした療養生活を送れるよう看護師が自宅へ訪問し、看護ケアを提供・援助を促し、療養生活をサポートするサービスです。患者のQOL向上に効果的となっています。地域に根ざした医療サポートとして訪問看護師が提供する援助は重要で訪問看護ニーズや看護師に対する期待は高まっています。高齢化時代の看護師キャリアの一つとして「訪問看護師」という生き方は重要視されています。訪問看護という職種の難しさや実際の現場業務に疲弊を感じ、精神科病院などに転職していく看護師も少なくありません。

訪問看護ステーションに勤務する看護師の転職理由

訪問看護に携わる看護師の一般的な転職理由として、

  • 年中無休のステーションで夜間の緊急対応などに疲弊した
  • 患者や家族からの要求に対処できなくなった
  • 訪問先で暴言を浴びせられて恐怖を感じた
  • 1人で看護するので正しい看護行為ができているか不安になった
  • 看護師仲間との人間関係に悩まされる
  • 自身の看護スキルが高まっているのか分からない

訪問看護は高齢化社会が進み、地域医療として重要視され需要も増えています。その一方で原則1人で看護するため、同僚と比べて自身のスキルが高まっているのかが分からない。自宅に訪問して暴言を浴びせられて、正しい看護行為ができているか不安になる。家と訪問先の往復で飽きてしまった。などの転職理由も少なくありません。
また、一般病棟や急性期病院から転職した看護師は、多くの患者と触れ合うことがなくなるのでそこに意義を見出せず、元の職場に戻るというケースも多くあります。しかし、何よりも多い転職理由として労働時間の不規則性や夜間の緊急対応が挙げられます。ある意味訪問している先の患者にとっては、かかりつけの看護師という位置づけです。そのため緊急対応などで疲弊してしまう看護師が多いです。その反面頼られているという充実感は大きいです。

訪問看護に適した看護師

訪問看護に適した看護師

訪問看護に適した看護師


訪問看護に適した看護師は、下記の通りとなっています。

  • 病院に通うことができない患者のQOL向上をサポートしたい
  • 地域に根ざした看護師として活躍したい
  • 様々な患者に寄り添い向き合う看護がしたい

まとめ

訪問看護へ転職を志す看護師は、原則1人で自宅に訪問するため、責任感・判断力・看護技術が身につきやすい環境にあります。しかし、夜勤や勤務時間が不規則なため女性特有のライフステージの変化、結婚・出産。さらに出産後、子どもが小学校に上がるまでの育児期間に時短勤務で看護師の仕事を続けたい方に向いていないケースもあります。24時間対応の訪問看護ステーションでなく、日勤帯のみの看護ステーションは時間も融通が聞くので育児と仕事の両立に適しています。訪問看護への転職に不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録してキャリアパートナーに相談することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加