看護師の正しい退職手続きの方法

看護師の正しい退職手続きの方法

ここでは看護師が転職を決意したさい、求人募集を出している病院に円満に転職するための正しい手続きをご紹介します。同じ業界で働くので不要ないざこざなどが起きないように細心の注意を払って動くことをおすすめします。

正しい退職の手続きとは

看護師の転職理由はさまざまです。もっとスキル向上を目指すため急性期病院へ転職する。自宅近くの病院が求人募集を出していたので通勤時間短縮のために転職をする。人間関係に不安を感じるのでよりよい職場に変えるなどがあります。どのような理由にせよ退職して転職するには円満な手続きが欠かせません。正しい退職の手続きは、何においても会社と職場のルールを守ることにあります。それと今までお世話になった仲間への感謝の気持ちを忘れずに退職の手続きを進めることがもっとも重要です。

具体的な流れ

法律上の規定では2週間前に退職の意向を伝えれば問題ありません。しかし、多くの会社では、就業規則で30日前に退職の意志を伝えるというルールがあります。なぜなら、退職するということは代わりの人材手配や配置転換が必要になってくるからです。このルールは必ず守りましょう。守らないと多くの仲間に迷惑をかけてしまうことにつながります。ましてや同じ業界で働く場合、かつての同僚に会う機会もあると思います。正しい手続きで退職するよう心がけましょう。
最初に直属の上司、看護師長に退職の意志を伝えます。大切な仲間と離れ離れになるのはとても寂しいものです。そのため、『もう少しいれないか?』などとお声がけをもらいます。強い志を持って退職を決意している場合は、しっかりと意志を伝えましょう。女性特有のライフステージの変化、妊娠・結婚・出産などのハッピーな理由の場合もあると思いますので、確実に誤解がないよう上長に意志を伝えましょう。
その後、直筆の退職願を提出し、勤務最終日までしっかりと自身の仕事を全うしましょう。最後まで手を抜かないという姿勢はとても大切だと思います。有給消化をする必要がある場合、忘れずに提出しましょう。離職届の確認などもしっかりと。

まとめ

ポイントとして退職を決意したら30日以上前でもなるべく早めに意志を伝えることが大切です。職場の大切な仲間がいなくなるので、新たな人の手配や配置転換なども時間が必要です。なるべく、お世話になった職場の仲間に迷惑をかけずに感謝の気持ちを持ち、退職・転職することが社会人として最低限のマナーです。この記事を参考に正しい退職の手続きをしていただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加