特定看護師と呼ばれる人材の特徴とは?

特定看護師とは?

特定看護師ってご存じですか?ここでは日本で導入が検討されている特定看護師の概要をご紹介します。

特定看護師とは

日本の看護師は、医師の下、医療行為を行えますが、医療の高度化や高齢化が進み医療現場の負担が増えることが予想されています。より高度な医療行為に携わることができるよう高い能力と実務経験を持つ看護師を特定看護婦として認定しようとするもの。厚生労働省により検討が進められています。※Wikipediaを参照

看護師の有効求人倍率は、3倍前後をキープしています。高齢化社会に向けて医療の現場で働く人材が求められていますが、看護師は国家資格のため人材が不足しているという現状があります。この傾向は長期的に続くものと見込まれています。そのため、看護師が患者を援助できる割合を増やし対応していこうという取り組みです。認定看護師より、看護師単独で施術できる医療行為の幅が広がります。
特定看護師は、医師の指示の範囲で自身の判断により看護できる幅が広がるため、医師のサポートだけでなく総合的な医療行為を行うことができるというイメージを持ってもらえば大丈夫です。(まだこの資格は検討中のため)

まとめ

看護師の医療サポートの幅が広がればより専門的な知識やスキルが求められます。自身の看護スキルや医療技術に不安のお持ちの方はぜひ、看護師としてのキャリアアップや転職を検討してみてはいかがでしょうか。いつどうなるか分からないこの時代。手に職を持つことは大事です。さらにどんな病院や現場でも通用するスキルを持っていることは自身の強みになります。
また、キャリアアップを目的とした転職が、自身に合わなかったり職場の人間関係が複雑だったりして、転職後すぐに退職してしまうケースも大いにあります。下記で紹介している看護師専門の求人サイトに無料登録すれば、あなたの特性や希望を踏まえた上で専属のキャリアパートナーがあなたのキャリアアップをサポートしてくれます。ぜひ、ご活用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加