転職を考えている看護師のための志望動機の書き方とは

転職を考えている看護師のための志望動機の書き方とは

志望動機というのは、「自分の内に込める想い」と「求人を希望する病院のニーズ」を合致させる必要があります。自分の想いには、保有しているスキルと医療技術、コミュニケーションスキルをベースとして、そこに想いが乗ってきます。「求人を希望する病院のニーズ」というのは、どのような技術を持った看護師を必要としているか、どこの部署の人材を必要としているか、ここを理解する必要があります。ここでは、転職を考えている看護師のための志望動機の書き方を紹介します。

最低限、気をつけること

志望動機を書くときに最低限気をつけることは下記の通りです。

  • 嘘を書かない。(不利な情報を記載しないなど)
  • 不利な情報はプラスに見えるようにオブラートに包む
  • 長く勤務できることを伝える
  • 自分の技術と想いを整理して相手に正確に伝わるように考えをまとめておく

志望動機の書き方

看護師という職業の特性上、専門的な医療技術やコミュニケーションスキル。さらには、サービス業で通じるぐらいの対人スキルも重要視されます。さらに同僚とのチームプレイ、チームワークを大切にする姿勢も志望動機には必要です。まず、最初に自身のこれまでのキャリアを整理します。新卒の看護師は学生時代にやってきたこと。転職を考えている看護師は、今までの経験や医療技術の現場で学んだことを整理します。これを整理するだけで相手に伝えるべき情報が整理され、最適な志望動機が作れます。

求人側のニーズや運営情報を加味するとベスト

求人側のニーズや運営情報を加味するとベストです。接客業にも同じことが言えますが、ある程度仕事ができるようになるとお客様のニーズに合った提案をしようと思います。志望動機にも同じことが言えます。自分本位の理由でなく求人側のニーズも踏まえたことを志望動機に盛り込めると完璧です。小手先だけの技術だけでなく、本当に求人側の役に立ちたいし、そこに通う患者の役に立ちたいという想いがあれば素晴らしい志望動機がかけると思います。ぜひ、転職・求人のさいに参考にしていただければ幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。求人側のニーズも踏まえた看護師の転職・求人の志望動機の書き方を紹介しました。自分で整理することもおすすめですが、下記の求人・転職支援サイトでは志望動機の書き方もサポートしてくれます。ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加