転職するときはメリットとデメリットを考える

転職するときはメリットとデメリットを考える

看護師に限らず、今まで積み上げたキャリアから転職するときはメリットとデメリットを考える必要があります。では一体何を重点に置くと良いのでしょうか。ここでは、転職するときのメリットとデメリットを紹介します。

看護師の転職理由って何が多いの?

看護師が転職する理由はたくさんあります。最も多い転職理由としてライフステージの変化「結婚」です。女性特有のライフステージの変化で転職や退職を余儀なくされるのが、最も多いです。次に「キャリアアップ」「収入アップ」「人間関係に戸惑いを感じる」「子育てに伴い時短勤務に変更」などが該当します。

転職するときのメリット

転職するときのメリットとして下記が挙げられます。

  • 今まで経験したことがない業務に携われる。
  • 収入アップする。
  • 心機一転、新たな人間関係や患者の看護ができる。
  • 自宅に近い職場に移動になったので通勤が楽になる。
  • 子どもと向き合える時間が増えた。

転職する時というのは、「ポジティブ」「ネガティブ」な理由がありますが、多くの場合、よりよりライフスタイル・仕事につながるきっかけになると思います。

転職するときのデメリット

転職するときのデメリットとして下記が挙げられます。

  • 新たな職場に慣れるのに時間がかかる
  • 職場の人間関係に溶け込めるか不安
  • 違う勤務スタイルの職場に移動するので技術が追いつくか不安
  • 患者と上手にコミュニケーションが取れるか不安
  • 面接を受けた時に聞いた職場環境と一緒なのか不安

やはりデメリットとしては、「新しい環境に溶け込めるか」「新しい人間関係を築くことができるか」などが考えられます。これは、人間の心理として当たり前のことですが、新しいことを始めるということは必ず不安がつきまといます。不安ということは、チャレンジしていると言えます。「成長中」と自身に言い聞かせ、新たな一歩を踏み出した自分にエールを送る気持ちで転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加