看護師が転職する時に大切な心構えとは

看護師が転職する時に大切な心構えとは

看護師が転職する時に大切な心構えを紹介します。転職はライフスタイルが大きく変わる重要な活動です。ぜひ、しっかりと考えてから理想の転職活動を始めることをおすすめします。

病院・職種研究が大切

私の友人が、精神科病院への転職を決めました。彼女はキャリア・現場経験も長く、引く手あまたの看護師です。しかし、自身が理想とする職場像やキャリアを描き、転職希望の病院や職場を転職サイトのキャリアパートナーと一緒によく調べ、自身ならどういった領域で、どういった看護ができるかということを、しっかりと自己分析しました。彼女は、その病院の情報を片っ端から集め、特に病院の看護方針や歴史などを重点的に調べました。その甲斐もあって、一度で転職を決めました。まさに、経験と入念な病院研究が功を奏したといっても過言ではありません。入念な企業研究なくして採用なしです。時として入念な病院・職種研究が不要なケースもあります。しかし、真摯に努力する姿勢や活動というのは必ずどこかで活きてきます。

転職理由を再確認する

看護師の転職理由で最も多い理由として「ライフステージの変化」が挙げられます。女性特有の結婚・妊娠・子育てなどです。このような理由で転職を余儀なくされるケースは多いですが、求人する病院側としては、しっかりとした転職理由がないと雇用が難しいという側面もあります。そのため、転職を余儀なくされる状態であっても、必ず「なぜこの病院に転職する?」かという理由を明確にする必要があります。そうすることで自身の心のなかも整理されます。

病院に貢献するという気持ちが大事

仕事をしてお給料をもらうということは、病院に入院・通院している患者のサポートをして病院に貢献するという気持ちがもっとも大切だと思います。この気持がないと仕事が楽しく感じないどころか、苦痛に感じてしまいます。ぜひ、この貢献するという気持ちも忘れずに転職活動・入職が決まった後の勤務も実践してほしいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。看護師が転職する時に大切な心構えを紹介しました。ぜひ、ここで紹介していることを実践して理想の職場を探してみてはいかがでしょうか。この記事が転職を迷っているあなたの背中を押すきっかけのひとつになれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加