看護師の転職回数の平均は?

看護師の転職回数の平均は?

看護師の転職回数の平均を紹介します。他業種の平均も同時に紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

転職回数の平均は?

日本人の平均の転職回数は1.8回と言われています。転職をしない人が2割強いるため、思ったより少ない回数になっています。しかし、実力主義の外資系などに勤める人はキャリアアップやヘッドハンティングなどで転職回数が多い傾向にあります。30歳前半で転職を3回している人も少数派ではありません。また、外食産業などは体力面でハードなので転職回数が多いと言われています。

外国などはもっと転職回数が多い

アメリカなどは実力主義制度を持った会社がほとんどのため、転職回数が多いです。平均すると5回と言われています。日本でも年功序列制度から実力主義制度に変更する会社が増えてきてはいますが、まだまだ転職回数が少ない傾向にあります。また、アメリカ人は様々な人種が集まる国です。そのため、自己主張ができる人材が多く実力があっても、正当な評価をもらえないとキャリアアップを求めて別の会社に転職する人が多いです。このことからも転職回数が多いと言えます。

看護師の転職回数は?

厚生労働省の看護職員就業状況等実態調査結果によると、看護師の転職回数は、約半分の人が1回以上転職しています。2回〜3回転職している人もいます。看護師は病院により必要な実務が異なります。そのため、多く転職を繰り返す人は良い評価をもらいずらい傾向にあります。20代の看護師で2回まで。30代の看護師で3回までがボーダーと言われています。日本は転職する人がウェルカムという文化ではありません。しかし、ポジティブな理由で転職をするというのはとても良いことだと思います。例えば、転職0回で同じ職場で10年勤めた人と、転職1回で5年間ずつ勤めた人を比べると、転職をした人の方が新しい経験やスキルが身についていると考えることができます。また、職場の環境が変わるので新しい環境に柔軟に対応できる人材というジャッジをすることができます。転職が多いからいけないというワケではなく、個人のスキルで見てもらうことが大切だと思います。

まとめ

転職をしている人は、負い目を感じることなく個人のスキルを評価して欲しいという主張をすることが大切です。何よりも転職するときは、環境が変わります。何のために転職をしたいのかをじっくりと考えて決断することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加