急性期病院に勤める看護師の転職理由とは

急性期病院に勤める看護師の転職理由とは

看護師という職種のなかでも色々な形態があります。急性期病院、療養型病院、精神科病院、大学病院、透析、外来、訪問看護、老人ホームなど様々です。サポートする患者の状態や病状も異なるので、様々な転職理由があります。ここでは、急性期病院で働く看護師の代表的な転職理由をご紹介します。

急性期病院とは

急性疾患、慢性疾患、急性増悪など、緊急の手術が必要なケースが大半です。緊急手術が必要な患者に対して入院・手術・検査など、高度な専門医療を提供する病院。短期間で退院を促す仕組みを持つ病院です。

急性期病院で働く看護師の転職理由とは

緊急手術などの対応が多く、緊急状態の患者が運ばれても対応できる体制を整えています。「忙しい」「大変」などのイメージが強いです。その分、トリアージの訓練や看護スキルの向上などが見込めます。20代前半の看護師に人気の職場となっています。急性期病院で働く看護師の転職理由は、

  • 忙しく肉体的にボロボロになり限界を感じた
  • 患者の症状が逐一変化するため精神的に参ってしまい転職した
  • 睡眠時間が少なく仕事中に倒れてしまい周りに迷惑をかけてしまった
  • 短期間で退院を促す仕組みのため、しっかり患者と信頼関係を築く前に退院してしまう
  • 結婚を機に引っ越すので訪問看護に転職せざるを得なくなった

上記のような転職理由が多いです。一般的な転職理由の「人間関係がギスギスしている」「キャリアップをしたい」などが少ない傾向となっています。(女性特有のライフステージの変化に伴う転職理由はあります)

まとめ

まとめ
急性期病院へ転職を希望する看護師は、挑戦してみたい気持ちとともに「急性期という多忙な環境で業務を遂行できるか?」と期待と不安を抱く看護師も多いです。そのような不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の転職サイトに無料登録して相談することをおすすめします。都道府県、病院や病棟によって看護師の必要数や管理体制も異なるため、業務の方針や緊急性も変わります。重要なのは、希望する病院の職場の環境や勤務体制などをちゃんと理解して、自身の理想に合う職場を見つけることが重要です。看護師専門の求人サイトへの相談や求人の紹介などは全て無料でできますので、ぜひ有効に活用しましょう。
生の声を聞くのに「看護師向けの転職フェア」や病院ごとの職場環境などを把握している看護師専門の求人サイトのキャリアパートナーなどに相談するのも良いと思います。現場の声は、オンライン上や口コミサイト、求人サイトなどで公開することは難しいです。生の声を聞くことが重要です。当サイトおすすめの「職場の状況を把握している求人サイト」のキャリアパートナーに話を聞いてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加