療養型病院(慢性期)に勤める看護師の転職理由とは

療養型病院(慢性期)看護師の転職理由とは

急性期病院、療養型病院、精神科病院、大学病院、透析、外来、訪問看護、老人ホームなど看護師という職種のなかでも色々な援助方法があります。看護する患者の状態で勤務する病院は異なります。ここでは、慢性期病院で働く看護師の代表的な転職理由をご紹介します。

療養型病院とは

急性期病院に勤める看護師の転職理由とはという記事で紹介した急性期病院は、主に緊急を要する患者の看護がメインとなっています。反対に療養型病院は、長期的に患者が入院するため、患者に寄り添い向き合う援助が求められる職場となっています。
療養型病院は「ゆったり時間が経過する」「じっかり患者と寄り添うことができる」というイメージがあります。療養型病院で勤務する最大の理由としては、「患者のQOLを考えた援助ができる」、「患者の性格や人柄などを理解した上で手厚い援助ができる」という特徴があります。反対に「多忙な環境に身を置きスキルアップを図る」、「トリアージの技術を学ぶ」、「訪問看護のようにマンツーマンの看護をする」といったことができないという欠点があります。
急性期・療養型(慢性期)でも看護師の配置や業務内容が大幅に異なるので、療養型病院へ転職を考えている看護師は、既成観念に囚われずじっくりと転職リサーチを行いましょう。

療養型病院で働く看護師の転職理由とは

療養型病棟の看護師の仕事は多岐に渡ります。急性期のように緊急対応もあるため、療養型病院特有の忙しさもあります。
療養型病院で働く看護師の転職理由は、

  • 妊娠・出産というライフステージの変化に伴い
  • 日々変わらない業務に飽きてしまった
  • 一人ひとりの患者と寄り添い向き合うことに飽きてしまった
  • より多くの患者の看護ができる急性期に興味を持った

上記のような転職理由が多いです。

療養型病院に適した看護師

療養型病院に適した看護師は、下記の通りとなっています。

  • 個人的な生活も充実させて看護の技術力を向上させたい
  • 助産師などの技術を身につける時間を作りたい
  • 一人ひとりの患者と向き合う看護がしたい

まとめ

療養型病院(慢性期)へ転職を志す看護師は、新しい職場に対する期待と不安を抱くと思います。不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録して相談することをおすすめします。働く地域、病院や職種によって看護師の必要人数や体制も違うため、病院の看護方針や緊急性も変わっていきます。重要なのは、希望する病院の職場の環境や勤務体制などをしっかりと理解して、自身の希望に見合う病院を見つけることが重要です。求人サイトのコンサルタントへの相談や求人の紹介などは全て無料でできますので、ぜひ有効に活用しましょう。当サイトおすすめの「職場の状況を把握している転職サイト」で話を聞いてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加