大学病院に勤める看護師の転職理由とは

大学病院に勤める看護師の転職理由とは

大学病院に勤務する看護師が違う職場で働きたいと感じる一般的な転職理由をご紹介します。
大学病院は、研究、座学、学会など医療知識が習得できる環境が整っている反面、民間や医療法人の病院と比較すると看護師としての実務スキルが身に付かず、大学病院から民間へ転職すると苦戦する、というイメージをお持ちの方が多いと思います。大学病院で働く看護師の転職理由は様々ですが、他の病院の一般的な転職理由も交えてご紹介します。大学病院に勤務した経験がなく別の民間病院などから大学病院の求人探し・転職を検討している看護師は参考にしてみてはいかがでしょうか。

大学病院で働く看護師の転職理由

大学病院に勤務する看護師の代表的な転職理由として、下記が該当します。

  • 現場実務と勉強会で仕事に追われて自由な時間がない
  • 休日でも研修や勉強会がある場合は参加しないといけないため困った
  • 長時間勤務に嫌気がさした
  • 拘束時間が長く、収入が低いためモチベーションが続かない
  • 末期がんの患者が多く看護の精神的負担が大きい

精神科病院や慢性期と異なり、大学病院を退職する看護師の大半は大学病院の厳しい労働環境についていけないという理由です。
超過残業や連続夜勤はもちろん、研修や会議の参加、研究や大学生指導など、看護以外の仕事にもリソースを振り分ける必要があり、休日出勤、休憩が取れないなど、厳しい環境で肉体的・精神的にモチベーションが続かない。また、長時間勤務でも労働時間に見合う収入が約束されていなく、ベース給も低く、超過分の残業手当も上限をオーバーすると支給なしなど、仕事の待遇も厳しく、働く環境の厳しさと収入の低さに疑問を感じて転職をする看護師の方も多くいます。民間病院より看護師の業務の幅が狭く、専門的な医療知識の習得ができるというイメージがありますが、実際は労働時間も長く研究や大学生指導など、担当業務は多岐にわたります。大学病院に転職を考える看護師はここも踏まえたうえで転職を考えてみるのをおすすめします

大学病院に適した看護師

大学病院に適した看護師は、下記の通りとなっています。

  • 専門的な知識を学べる環境でスキルアップしたい
  • 現場実務と医療知識を同時に学びたい
  • 現場の実務だけでは得られない専門的な医療技術や最新の医療技術を学びたい

まとめ

大学病院へ転職を志す看護師は、最新の医療技術を学べる反面、多忙な職場環境に期待と不安を抱くと思います。不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録して相談することをおすすめします。
働く地域、病院や職種によって看護師の必要人数や体制も違うため、病院の看護方針や緊急性も変わっていきます。重要なのは、希望する病院の職場の環境や勤務体制などをしっかりと理解して、自身の希望に見合う病院を見つけることが重要です。看護師専門の求人サイトへの相談や求人の紹介などは全て無料でできますので、ぜひ有効に活用しましょう。
当サイトおすすめの「職場の状況を把握している求人サイト」で話を聞いてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加