ここでは、病院の透析室で働く看護師が透析を離れて違う場所で働きたいと感じた代表的な転職理由についてご紹介します。透析は病棟と異なり原則夜勤がなく正規職員として勤務することができるため、一般病棟勤務に疲弊してしまった看護師や女性特有のライフステージの変化、結婚、出産を機に日勤帯だけ勤務できる職場を検討している看護師に人気があります。

透析室に勤務する看護師の転職理由

透析室で働く看護師の代表的な転職理由として、下記が該当します。

  • スキルが足りずに患者・同僚とのコミュニケーションに難を感じた
  • 医療行為の専門性が高く実務的な看護業務が学べない
  • 緊急性が高い急変が発生したときの対応に難を感じた
  • 患者と寄り添い向き合う看護がしたかった

透析室は日勤帯だけの勤務のため、結婚を考えている、子育て中の看護師にニーズがある勤務場所の1つです。しかし、透析室の業務は他の看護業務にはない特殊性もあるため、業務が難しいと感じる看護師も少なくありません。透析室を退職する看護師は多忙で肉体的に疲れるというよりは、特殊な理由が多いです。
また、透析患者は長期間治療を受けている方が多いです。そのため、新卒で透析室に勤務し始めた若手看護師の場合、患者のが詳しいというケースも多分に見受けられます。コミュニケーション力が高い看護師だったら良いのですが、自分のスキルの低さに嫌悪感を抱き退職を決意してしまう看護師もいます。
さらに医療行為の専門性が高く、他の職場に行った際に通用しないのでは?、と考えてしまい一般病棟に移る人もいます。患者と長時間寄り添い向き合う看護をしたいというケースで退職する看護師も少なくありません。透析室に転職を考えている方はこれらを踏まえた上で転職のメリットとデメリットを検討してみてはいかがでしょうか。

透析室に適した看護師

透析室に適した看護師は、下記の通りとなっています。

  • 専門性が高い特殊な技術を学べることに楽しみを見いだせる
  • コミュニケーション力が高く高齢の患者にもそつなく対応できる
  • 同じ業務を繰り返すことに苦痛を感じない

まとめ | 透析室の転職

透析室へ転職を希望する看護師は、独自性が高い医療技術を学べる反面、高齢患者とのコミュニケーションが上手にできないといけません。転職に不安をお持ちの方は、ぜひ一度看護師専門の求人サイトに無料登録して経験豊富な専属コンサルタントに相談することをおすすめします。勤務する地域、病院や職種によって看護師に必要とされる技術やコミュニケーション能力も異なります。病棟の看護方針や事業特性や患者も変わります。重要なのは、志す病院の職場環境や勤務体制などをしっかりと把握して、あなたの希望に見合う病院を見つけることが大切です。